顔中のニキビは化粧品だけでも対処可能です

生理前に顔中ニキビが悪化する肌質・体質に悩んでいませんか?生理前になると大量発生する顔中ニキビを生理現象として諦める前に取り組みたい対処方法を紹介します。原因からアプローチすることでしっかりと対策していきましょう。

生理前の顔中ニキビの原因は?

生理前になると顔中に増えるニキビを、

「そういう肌質・体質だから仕方がない」

と対策を諦めていませんか?


確かに生理前ニキビは個人差がありますが、それを言ったらそもそもニキビ自体も同じです。

生理前に顔中ニキビが増えて、生理後に悪化して少し改善したと思ったら次の生理周期でまた悪化する。

そんな悪循環に入ってしまうとずっと美肌が作れないままで肌にダメージがたまっていってしまいます。


生理前の顔中ニキビも原因があるので、原因を知り正しい治し方へとつなげていくことで症状を改善させることが十分に狙えますよ。


生理前ニキビの原因として挙げられるのは、

①生理周期による乾燥の悪化
②女性ホルモンバランスの乱れによる皮脂分泌


の2つです。

生理前になると美肌ホルモンと呼ばれる「エストロゲン」が減少して肌の水分量が低下し、乾燥肌・敏感肌に傾いてしまいます。

そして不細工ホルモンとも言われる「プロゲステロン」が増えることで皮脂分泌を引き起こし、毛穴を詰まらせることで生理前に顔中にニキビを大発生させます。

さらに日常生活の中で強いストレスを抱えていると、この女性ホルモンバランスの揺らぎが大きくなり顔中に生理前ニキビが発生してしまう隠れ原因となってしまいます。


大人ニキビである以上は、乾燥と皮脂分泌を上手く対策することがポイントであることに変わりはないのですね。

そこにホルモンバランスの乱れという厄介な原因が絡んできてしまうのが顔中の生理前ニキビ対策を難しくしているだけということです。

生理前ニキビを対処出来るスキンケア

生理前の顔中ニキビを対策する上では、

・肌の乾燥を悪化させないように毛穴の角栓を落とし、強力な浸透技術を持つ保湿ケアで水分をキープする

これが大前提となります。ここまでは普通の大人ニキビケアと変わりはありません。


生理前ニキビ対策としてプラスアルファとして考えたいのは、

・いかにして女性ホルモンバランスのゆらぎを抑えるか

です。もちろん生理前になるとエストロゲンが減少してプロゲステロンが増えるのは、どんな女性にも共通して言えることです。
(肌がキレイな人が常にホルモンバランスが一定というワケではありません。)

要するに女性ホルモンバランスのゆらぎの程度が大きいと、それが顔中ニキビとして現れてしまい、それは良くないですよねということになります。


そして、ホルモンバランスを必要以上に乱しているのがストレスだったりするワケです。

となるとストレス対策をしないといけないのかな?ということになりますが、ストレス対策ってやれと言われて出来れば早いですよね。

運動とか趣味を持って時間を作るとか面倒な場合もあるし、それが無理だから困っているという方も多いはずです。


そこでストレスやホルモンバランスに半ば強制的に働きかけてしまう方法を活用していきましょう。

例えば、アロマを買ってきて部屋をリラックス出来る香りで包み込んだり、お風呂の入浴剤を工夫するのもおすすめです。

毎日の生活の中に少しでもストレスを和らげる仕組みを増やしていくことが大切です。五感の一つである香りの力を侮ることなかれ、、、特にバラの香りや睡眠時のラベンダーはおすすめです。


さらに、毎日のスキンケアに使う大人ニキビ用の化粧品の中にもストレスニキビ、女性ホルモンバランスの乱れ対策に重点を置いたダマスクローズエキス配合の化粧品もあります。

ダマスクローズエキスには女性ホルモンバランスを整える効果があり、バラの香り自体にもリラックス効果があって一石二鳥というワケです。

生理前の顔中ニキビ対策の切り札としてイチオシですよ。

顔中のニキビは化粧品だけでも対処可能です © 2017