顔中のニキビは化粧品だけでも対処可能です

顔中にニキビが大量発生してしまった時には、出来る範囲で日々の生活習慣の改善も行っていった方が早く症状を治すことにつながります。顔中ニキビを抑えるための生活習慣の改善について、ストレス対策・食事・運動・睡眠を中心に解説します。

顔中ニキビを治すためには生活改善も大切

顔全体にニキビが広がってしまうと、化粧品を使ったスキンケアや皮膚科の治療薬だけではどうしても心配だという方もいますよね。
そして、症状を少しでも早く治すために生活改善にも挑戦しようと考えている人も多いのではないでしょうか?

スキンケアと薬だけで顔中のニキビを抑えることは出来ますが、確かに生活改善にも取り組んでいった方が早く顔中ニキビを治せる可能性は広がります。
ストレス対策・食事・運動・睡眠について生活習慣の見直しを行っていく場合の要点を解説します。

ストレス対策はニキビケアの鍵

まず対策していきたいのはストレスです。ストレスは数値として測れるものではないので、大切だと分かっていても見過ごしている人も多いのではないでしょうか。
でも、顔中のニキビを一日でも早く治すためにはストレスを溜め込まないことが欠かせません。

ストレスはホルモンバランスを乱して顔中ニキビの原因となる皮脂分泌を引き起こすからです。

社会人になりストレスが増えてそれに伴って大人ニキビが顔中に大量発生してしまったという人もたくさんいますよね。この場合ストレスを抑えろと言われてもどうしようもない感じがします。

だから、受けるストレスを減らすようにするよりも、受けたストレスを発散するように自分のための時間を作るようにすると効果的です。
1-2時間も時間を作らなくても、ラベンダーやバラの香りのアロマを使ってちょっと長風呂をするなど、本当にどんなことでもOKです。少しでもいつもよりリラックス出来ればそれが顔中ニキビを治していく上で強力な味方になってくれます。毎日の生活習慣の中でストレスを少しでも減らすような行動を摂り入れることが出来れば理想的ですね。

また、受けるストレスを増やさないようにすることも大切です。その意味では、これから解説するその他の生活習慣の改善も無理に取り組むとストレスの元になってしまう場合もあるので、臨機応変に必要な要素だけ取り入れていってくださいね。

食事は栄養バランスを意識する

顔中ニキビが増えるとまず最初に食事の改善に取り組もうと考える人も多いと思います。
ただ、現実的には食事の改善ってそんなに出来ることはないと感じています。

・毎日の食事がそんなに酷く乱れていますか?

もしYesなら、バランスの良い食事を意識して自分で料理を頑張るしかないし、野菜や果物だけでも出来合いの製品を買ってくるようにするしかありません。
質問に対する答えがNoでも、バランスの良い食事を意識しながらいつもより少し多めに野菜や果物・魚類や大豆類を多く食べる程度で十分なんです。

食事改善で一番怖いのは、具体的な食材を挙げた時に、その中で取り組みやすい食材ばかり毎日食べて結果として偏食になってしまうことです。
野菜や果物は高いだけに、実際に食事改善に取り組もうと思うと大変なんですよね。

それで例えばアボカドだけ毎日食べるようになったり、、、みたいなことになりがちなんです。
生活の中でも食事習慣の改善はスナック菓子や夜食、インスタント食品を避けつつ栄養バランスを意識することだけが大切です。

運動は無理のない範囲で簡単に

運動はストレス対策にもつながってくるので出来れば取り組みたい生活習慣です。
ただ、疲れて帰ってきて夜遅いのに無理にジョギングをする必要はないのでバランスが難しいところです。

元々体を動かすことが好きな人ならジョギングを生活習慣として取り入れた方がすぐに顔中ニキビの改善やストレス対策にも良い結果が現れますが、運動嫌いな人が無理をするとかえってストレスの原因にもなってしまいます。

また、室内で出来るような腹筋やジャンプ運動などはあまりストレス改善という観点では役に立たないので、ランニングがイヤとか夜遅いからといって無理に室内トレーニングに取り組む必要はありません。
室内で取り組むならストレッチやマッサージがリラックス効果もあって効果的です。運動とは少し違うかもしれませんが、ストレッチやマッサージで血行を改善したりリラックスすることは顔中ニキビを治す上で少しずつ役立ってきますよ。
アロマを焚いたりヒーリングミュージックを流しながら行うとさらに効果的かもしれません。

睡眠時間が短いとニキビ克服は難しい?

睡眠改善もやりましょう。と言われてすぐに実行出来る人と、事情があって無理な人もいますよね。

ただ、睡眠は極度に乱れると他のニキビ改善の努力を無駄にする破壊力があるので、最低限度は押さえておきたいところです。
3-5時間以内しか睡眠時間が確保出来ないと、まず顔中のニキビを改善させていくことは難しいと言えます。
最低でも6時間、出来れば7時間は睡眠時間を取りたいし、23時までには眠っていることが理想的です。

スキンケアで肌に働きかけてても、実際に肌が修復するのは眠っている時間だけだし、成長ホルモンが分泌される時間帯も22-2時の間と言われているので少し意識したいんですね。

良い睡眠が取れればストレス改善にもつながるし、運動をする活力にもつながってきます。ある意味では睡眠が生活改善のベースになっていると言っても良いかもしれません。

顔中のニキビは化粧品だけでも対処可能です © 2017